肛門の違和感

病室 

病院には、様々な病気を抱えた人が通院したり入院したりしています。
そして、様々な病気を診察するために、多くの種類の科が存在します。
その為、自分の病気の症状はどの専門科に通院すれば良いかと考える人も少なくありません。

■脱腸という症状
脱腸という病気があります。
脱腸という言葉を聞くと、腸の病気かと思う人が少なくありません。
しかし、脱腸は別名で鼠径ヘルニアと言われています。
ヘルニアと聞くと、歳を重ねた高齢の人や肥満の人によく見られる症状と思われがちです。
しかし、この脱腸という症状は、高齢の人や肥満の人にだけに引き起こされる症状ではありません。

■脱腸の種類
脱腸と一言に言っても、いくつかの種類があります。
内鼠径ヘルニアと太腿ヘルニア、そして外鼠径ヘルニアです。
それぞれ、引き起こす原因が異なります。
原因によっては、幼児がこの病気を抱えてしまうケースも多くあります。

■診察へ行こう
肛門の違和感により、脱腸の症状に気付く人は少なくありません。
肛門や排泄の際の痛み等は、なかなか人に相談しづらいと感じる人が多い傾向にあります。
これにより病院への通院を避けてしまう人がいます。
しかし、脱腸は早めの診察が必要です。場合によっては、手術が必要になります。
脱腸の場合、どの科に通院すればよいかと悩む人がほとんどです。
肛門関係の痛みであれば、泌尿器科への通院を考える人は多くいます。しかし、脱腸の場合は外科へ通院することが最適です。
症状を感じた場合には、なかなか行きなれない泌尿器科へ通院するよりは、はじめから外科へ通院すると良いでしょう。

■赤ちゃんの症状
脱腸は、乳幼児に起こるケースも少なくありません。
乳幼児であれば痛みを言葉で伝えることが出来ません。その為、保護者で症状を見付ける必要があります。
泣き止まなかったり、足の付根に膨らみを見つけたりした場合には早急に医師へ相談することが最適です。その場合の病院は小児科、もしくは外科へ通院するとよいでしょう。

オススメリンク

脱腸の症状とは

普段感じやすい風邪や腹痛と違い、脱腸の症状がどのようなものか…Read more

脱腸の手術と費用

脱腸の症状は、手術が必要になる場合も多くあります。脱調の手術…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

    三種類の脱腸

    脱腸には、3つの種類あります。内鼠径ヘルニアと太腿ヘルニア、外鼠径ヘルニアです。内鼠径ヘルニアは、腸が鼠径三角...

    Readmore

    脱腸の症状とは

    普段感じやすい風邪や腹痛と違い、脱腸の症状がどのようなものか知っている人の数は少数です。初期症状で多くの人が感...

    Readmore

    脱腸の手術と費用

    脱腸の症状は、手術が必要になる場合も多くあります。脱調の手術は、大きく分けて2種類に分けることが可能です。バッ...

    Readmore